非課税贈与について|【草加不動産なび】仲介手数料無料+ご新居お祝い金最大50万円プレゼント実施中!

【営業時間】9時~19時 【定休日】水曜日

住宅取得等資金の非課税贈与について

住宅取得等資金の非課税贈与とは?

住宅取得においての父母・祖父母からの贈与特例について、です。
(配偶者の父母・祖父母からの贈与は認められませんのでご注意下さい)

非課税となる金額は、平成30年の住宅取得においては700万円までです。
(耐震等級2以上等を取得している<省エネ等住宅>は1,200万円になります)
基礎控除110万円も合算できますので、あわせて810万円までが非課税贈与の合計となります。
国税庁ホームページ
国税庁パンフレット

よくあるご質問として、父母等の年齢制限はありません。
中古住宅には築年数制限がございます。
住宅取得の対価のため、諸費用に充てることはできません。

平成31年2月1日~3月15日までに税務署に申告手続きが必要となります。

お手続き方法

  • 必要なもの
  • マイナンバー通知カード+免許証等(顔写真入りの本人確認証)、 または、 マイナンバーカード(顔写真入り) 、または、 マイナンバー記載の住民票+免許証等(顔写真入りの本人確認証)
  • 受贈者(贈与を受けた人)の戸籍謄本原本(入手の際は要免許証・みとめ印)
  • 売買契約書コピー(全ページ)
  • 登記事項証明書原本(土地・建物) ※1 ※2
  • 源泉徴収票原本 ※2
  • 贈与日・増与額がわかるメモ・通帳コピー等、贈与者の住所・氏名・生年月日のメモ等
  • その他 ※3
※1 マンションの場合、多くは建物の登記事項証明書のみで大丈夫です(土地・建物一体で登記のため)
※2 ローン控除とあわせて申請する場合はコピーをご準備下さい
※3 <省エネ等住宅>の場合は追加書類が必要なため、上記、国税庁パンフレットをご参照下さい

上記書類を直接、税務署にご持参下さい。
係りの方と、パソコンに入力しながら手続きをしていきます。
ページの先頭へ