ご購入の流れ|仲介手数料無料+ご新居お祝い金10万円~最大50万円プレゼント!草加新築一戸建て専門サイト

【営業時間】9時~19時 【定休日】水曜日

ご購入の流れ (賃貸住宅にお住まいで住宅ローンご利用の場合)

  • お申込み
ご購入物件が決まりましたら「購入申込書」をご記入頂きます。
電話・メール・LINE等でのお申込みについては、当社にて代筆致します。
当社から売主様に「購入申込書」をFAX・到着確認をさせて頂きます。
価格の「値引き」についても、「購入申込書」を通じて売主様にお願い致します。
なお、当社はお申込み金等のお預かりは一切ありません。
  • 住宅ローン事前審査
「事前審査」とは文字通り、金融機関による正式な審査(本審査)の前の<事前の審査>です。
書類は当社にございます。 
金融機関にご足労頂く必要はありません。

お客様にご記入頂き、当社から金融機関(住宅ローン部署)へFAXさせて頂きます。
通常、翌日か、翌々日に回答が出ます。
 
不動産売買契約書には、
<住宅ローンが万一、融資不可の場合、契約は白紙(無効)になり、手付金は全額返還する>
という特約条項が必ず入ります。
買主様を保護する内容で、住宅購入のうえでの大きな安心材料になるもの、です。

一方、売主さんにとってはリスクの側面があります。
万一、住宅ローン審査が否決され、融資が不可になった場合、
契約は白紙、手付金は買主様に返金、
さらに、ローン特約期間、解約手続きも入れると、
約3週間の販売機会を失ってしまうことになるため、です。

そのため、ご契約まえに<事前審査>を行うのが、通常のご購入の流れとなっております。
住宅ローン事前審査に必要なものは下記の通りです。
諸費用も含めての借入審査も可能ですので、お気軽にご相談下さい。 
 
・免許証
・保険証
・源泉徴収票
・みとめ印
・借入がある方はその明細等(例:オートローン)

当社は草加エリアでの約9年の歴史により、地域の金融機関に信頼と実績を有しております。 
また、ネット銀行をはじめ最新の金融機関の動向も注視しております。
  • ご契約
当社より<重要事項説明書>、<不動産売買契約書>の読み合わせをさせて頂きます。

お住まい全般について、大事な点を再度ご確認頂き、
随時、ご質問を頂きながら、ご理解・ご納得のうえご契約、という運びになります。

お持ち物は下記の通りです。

・免許証
・みとめ印
・手付金
・契約書の収入印紙代(10,000円)

手付金は売買代金の一部(=前金)として、売主様にお渡しします。
金額は売主様・物件価格にもよりますが、一般的には30~100万円とお考えください。

  • 住宅ローン本審査
住宅ローンの正式な審査になります。 
必要なものは下記の通りです。

・住民票(家族全員記載、本籍・マイナンバー非表示)
・印鑑証明書
・課税証明書(区・市役所で入手できます)
・借入の完済書類(完済条件の場合)

上記各書類の必要枚数は、各金融機関により異なりますので、都度、お伝え致します。
また物件資料一式は、当社にて準備、金融機関に提出致します。

<本審査>に要する日数は、約5~7営業日です。
<本審査>が終わるまで、新たなローン借入はお控え頂ければと存じます。
  • 賃貸住宅の解約のご連絡
住宅ローン<本審査>が承認されましたら、
賃貸住宅の<解約・退去>予告のご連絡を行って頂きます。
不動産会社・大家さんにもよりますが、一般的に約一ヶ月前のご連絡が必要なため、です。
  • 登記の準備
当社より、新築一戸建ての場合、土地家屋調査士という専門の方に、
建物の表題登記(建物に関しては、まだ登記簿が存在しないため、出生届けのようなもの)を依頼します。
 
また司法書士の先生に、
新築一戸建てについては、土地の所有権移転登記、建物の所有権保存登記、抵当権の設定登記の準備を、
中古住宅については、所有権移転登記、抵当権の設定登記の準備を、依頼します。
  • 住宅ローンご契約
正式には「金銭消費貸借契約」といいます。
お手続きは、金融機関(銀行)で行います。
そのため、<平日>のお手続きとなります(一部金融機関では土曜日も可能)。

ここで注意点としましては、まだお引渡しも、お引越しも(当然ですが)していないにもかかわらず、
金融機関より<新住所>でのお手続きをお願いされます。
住宅ローンのご契約は<新住所>でのお手続きになります。 

お客様にとっても、<新住所>でのお手続きはメリットがあります。
 
・司法書士が<住宅用家屋証明書>なる書類を容易に取得することができるため、登録免許税の軽減措置(該当住宅)がスムーズに受けられる(=登記費用がお安くなります)。
・登記簿謄本においての住所変更登記が不要になる。
・不動産取得税の軽減措置(該当住宅)が、県税事務所により自動的に行われる。
  • 内覧会 ※新築一戸建てのみ
売主様の立ち会いのもと、再度、お住まいをご内覧・ご確認頂きます。
(当社も立ち会います。なお中古マンションは現況有姿売買のため、売主様立ち会いによる内覧会はありません)

売主様より、お住まい全般、及び、設備関係についてのご説明をいただきます。
また、買主様より、お住まいの不具合、キズ・汚れ等を売主様に指摘します。

お住まいはひとの手によって造られるもののため、また、多くのひとが出入りするため、
キズ・汚れの発生はどうしても免れません。
ご指摘のキズ・汚れは、原則、お引渡しまでに補修していただきます。

  • お引渡し(決済)
最終のお手続きになります。

お客様・売主様のご都合のよい日時で設定いたします。
場所は、金融機関(銀行)になります。
お客様・売主様のほか、当社、司法書士の先生が立ち会います。
司法書士が立ち会うのは、すべての権利関係を最終確認するため、です。

住宅ローンご融資が実行され、通帳に入金されます。
その融資金額と頭金(自己資金)を加えて、
残代金、及び、諸費用のお支払いをいたします(諸費用も住宅ローンとして借入する場合もあります)。

残代金、及び、諸費用の正確な金額については、
当社より事前にお客様に、ご案内させて頂きます。

残代金、及び、諸費用のお支払いが終わりましたら、
各領収書、取り扱い説明書、建築関係書類、保証書(新築一戸建て)等々、
そして、<お住まいのカギ>を売主様からいただき<完了>となります。

お引渡し時には、当社より<住まい給付金>(該当のお客様)のご説明もさせて頂きます。 
 
「登記識別情報」(昔で言うところの権利証)、及び「登記簿謄本原本」は、後日、司法書士より郵送されます。
年明けには、当社より住宅ローン控除手続き(該当のお客様)のご案内をお届け致します。 
 
ページの先頭へ